このページの本文へ

静岡県浜松市の御菓子処「梅月」です。茶席菓子・四季の菓子などを取り扱っております。

スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > 2015年06月

2015年06月

6月30日 夏越しの祓に「水無月」を

一年のちょうど半分にあたる6月30日。

半年分の穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈うため、古くから「夏越(なごし)の祓え」という神事が行われます。

この神事にそえられるのが「水無月」というお菓子です。



モチモチのういろうの上にたっぷりの小豆。
三角に切り分けた水無月はもともと京都の伝統的な和菓子です。



時期的に暑くなるこの頃。
昔は今よりももっと体力的に弱ってしまい命を落とす人も多かったんですね。

そしてそういったことは悪い物(鬼など)の仕業だと考え、このような儀式が行われました。


上にのる小豆には厄除け。

これは鬼は赤色が苦手といわれることから
赤色の小豆で、鬼を身体の中から追い出す意味があります。


そして水無月の三角の形は氷を模しているといわれます。

昔、氷はとても貴重でなかなか庶民の手に入るものではなかったとか。
せめて形だけでも涼しく、とこの三角形になったと言われます。



このように古くから伝わる水無月。

お味はといいますともちっとしたういろうに小豆の食感がアクセント。
この時期にぜひお召し上がり下さい。

おひとつ151円、梅月各店舗にて販売中です。

本日浜松八幡宮様にて夏越大祓と茅の輪くぐりが行われるそうですよ!

詳細はこちらから
●浜松八幡宮ホームページ●

**********

ご予約・お問い合わせはこちらから。

篠原店 tel:053-447-8866


大きな地図で見る


湖西店 tel:053-575-0505


大きな地図で見る

各店の詳細はこちらから

6月30日 夏越しの祓に「水無月」を

一年のちょうど半分にあたる6月30日。

半年分の穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈うため、古くから「夏越(なごし)の祓え」という神事が行われます。

この神事にそえられるのが「水無月」というお菓子です。



モチモチのういろうの上にたっぷりの小豆。
三角に切り分けた水無月はもともと京都の伝統的な和菓子です。



時期的に暑くなるこの頃。
昔は今よりももっと体力的に弱ってしまい命を落とす人も多かったんですね。

そしてそういったことは悪い物(鬼など)の仕業だと考え、このような儀式が行われました。


上にのる小豆には厄除け。

これは鬼は赤色が苦手といわれることから
赤色の小豆で、鬼を身体の中から追い出す意味があります。


そして水無月の三角の形は氷を模しているといわれます。

昔、氷はとても貴重でなかなか庶民の手に入るものではなかったとか。
せめて形だけでも涼しく、とこの三角形になったと言われます。



このように古くから伝わる水無月。

お味はといいますともちっとしたういろうに小豆の食感がアクセント。
この時期にぜひお召し上がり下さい。

おひとつ151円、梅月各店舗にて販売中です。

本日浜松八幡宮様にて夏越大祓と茅の輪くぐりが行われるそうですよ!

詳細はこちらから
●浜松八幡宮ホームページ●

**********

ご予約・お問い合わせはこちらから。

篠原店 tel:053-447-8866


大きな地図で見る


湖西店 tel:053-575-0505


大きな地図で見る

各店の詳細はこちらから

水無月を食べて暑気払い! 水無月販売中です。

ただいま店頭では6月限定の生菓子「水無月」を販売中です。



モチモチのういろうの上にたっぷりの小豆。
三角に切り分けた水無月はもともと京都の伝統的な和菓子です。

この水無月は本来6月30日にいただきます。


一年のちょうど半分にあたる6月30日。

半年分の穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈うため、古くから「夏越(なごし)の祓え」という神事が行われます。

この神事にそえられるのが水無月です。



時期的に暑くなるこの頃。
昔は今よりももっと体力的に弱ってしまい命を落とす人も多かったんですね。

そしてそういったことは悪い物(鬼など)の仕業だと考え、このような儀式が行われました。


上にのる小豆には厄除け。

これは鬼は赤色が苦手といわれることから
赤色の小豆で、鬼を身体の中から追い出す意味があります。


そして水無月の三角の形は氷を模しているといわれます。

昔、氷はとても貴重でなかなか庶民の手に入るものではなかったとか。
せめて形だけでも涼しく、とこの三角形になったと言われます。



このように古くから伝わる水無月。

お味はといいますともちっとしたういろうに小豆の食感がアクセント。
この時期にぜひお召し上がり下さい。


おひとつ151円、梅月各店舗にて販売中です。


**********

ご予約・お問い合わせはこちらから。

篠原店 tel:053-447-8866


大きな地図で見る


湖西店 tel:053-575-0505


大きな地図で見る

各店の詳細はこちらから

水芭蕉(村雨)  初夏の上生菓子 和菓子 茶菓子

初夏の上生菓子
「水芭蕉」



村雨生地で白餡を巻いてあります。

村雨は餡と粉類を混ぜ合わせたものをそぼろ状にして蒸し上げたもの。
しっとり、かつほろほろと崩れるような食感のお菓子です。



雪解けの清流の中で可憐な花を咲かせる水芭蕉。

水芭蕉が有名な「尾瀬」では、5月下旬から6月上旬が水芭蕉の最盛期。
毎年この時期はハイキングの方々で賑わうそうです。


**********

こちらのお菓子はご予約にてお作りしました。
オーダーメイド生菓子のご予約・お問い合わせはこちらから。

TEL053-447-0181
info@tamachi-baigetsu.co.jp

参考価格250円~
10個から承ります。

※地方発送も可能です(冷凍発送)。

田町梅月ホームページでもご案内しております

●田町梅月ホームページ●
http://www.tamachi-baigetsu.co.jp


●田町梅月ネットショップ●
http://www.tamachi-baigetsu.co.jp/shop/


今週末はどら焼きサービスデーです  日向夏どら焼き

今週末6月13日(土)および6月14日(日)はどら焼きサービスデーです。

二日間に限り只今店頭にて販売中のどら焼き各種を
通常価格157円のところ特別感謝価格120円にて販売致します。


そして今月は【日向夏どら焼き】が登場!


爽やかな酸味が特徴の日向夏みかんを白餡に練り込み、しっとりふんわり焼上げた皮ではさみました。


その他定番のどら焼きシリーズ


【どら焼き つぶ餡】

皮はしっとり、もっちりと。
つぶ餡たっぷりの正統派どら焼きです。

【どら焼き 緑茶餡】

白餡に茶葉を混ぜ込んだ緑茶餡を使用。
お茶が香る上品などら焼きです。

【どら大福】

やわらかなつぶ餡大福をどら焼きの皮ではさんだ、モチモチ食感のどら焼きです。


【洋風どら焼き 生どら】

つぶ餡と生クリームを合えることで、より一体感のあるお味に。
お茶にもコーヒーにも合う洋風どら焼きです。


みなさまのご来店お待ちしております。


≪ご注意≫

・田町梅月篠原本店および湖西店のみの実施となります(店頭お引渡しのみ、配達不可)。
・割引対象となるのは商品の受け渡しが6月13日・14日分に限ります。
・その他サービスとの併用はできません。


**********

ご予約・お問い合わせはこちらから。

篠原店 tel:053-447-8866


大きな地図で見る


湖西店 tel:053-575-0505


大きな地図で見る

各店の詳細はこちらから


紫陽花(きんとん)  初夏の上生菓子 和菓子 茶菓子

初夏の上生菓子
「紫陽花」



きんとん製、中はつぶ餡です。

雨の滴に見立てた錦玉羹がキラリ。



東海地方も梅雨入り。
明日からは雨予報とのことで雨に濡れる紫陽花が楽しめそうですね^^


**********

こちらのお菓子はご予約にてお作りしました。
オーダーメイド生菓子のご予約・お問い合わせはこちらから。

TEL053-447-0181
info@tamachi-baigetsu.co.jp

参考価格250円~
10個から承ります。

※地方発送も可能です(冷凍発送)。

田町梅月ホームページでもご案内しております

●田町梅月ホームページ●
http://www.tamachi-baigetsu.co.jp


●田町梅月ネットショップ●
http://www.tamachi-baigetsu.co.jp/shop/



ページトップへ

田町梅月について | 素材へのこだわり | 梅月の菓子 | 事業者様へのご提案 | 新着情報