このページの本文へ

静岡県浜松市の御菓子処「梅月」です。茶席菓子・四季の菓子などを取り扱っております。

スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > 2011年10月

2011年10月

上生菓子作り体験☆錦秋

先の記事で紹介した和菓子講座。
こんな感じで上生菓子作りを体験していただきます。


こんな風に上生菓子のパーツをお渡しします(これで2個分です)。
パーツは職人が作っているので美味しさは間違いなしです(笑)


今回はこんな上生菓子を作っていただきました。

練り切り製 「錦秋(きんしゅう)」

まずはオレンジと黄色の練り切りを少しこねてやわらかくします。
それを丸めて、二色をくっつけます。


さらに二色まとめて丸めます。


ポ〇モンのモ〇スターボールのようになったら
手のひらで伸ばしていきます。


伸ばした練り切りでこし餡を包んでいきます。


あんこが包めたら


ラップを使い茶巾しぼりの要領で形を作ります。


なんちゃって上生菓子が完成いたしました。


お皿にのせると多少それっぽく。。。。笑

●おまけ●

同じ色の練り切りで作った別物のお菓子(by職人)。
こちらは手で形を作り、竹串などで細かな細工をしています。

同じ素材から全く違うものができあがるのも、和菓子のおもしろさですね^^

和菓子講座がありました

先日10/26に店主がJA西支店さんにて和菓子講座をやらせていただきました。


毎度おなじみですが
和菓子についてのお話いろいろ&上生菓子作り体験です。


こねて丸めて包んで・・・
みなさん真剣です。

最後は自分で作ったお菓子をお茶と一緒に頂きます☆


参加された方々、どうもありがとうございました!

そしてこのあと私も上生菓子作りに挑戦!!


**********


和菓子講座にご興味がある方はこちらまでお問い合わせ下さい。

Tel:053-447-0181(田町梅月代表)
メール:info@tamachi-baigetsu.co.jp

秋の上生菓子 照葉   和菓子 茶菓子

今日はまた一段と秋が深まったような。
少し肌寒く感じます。

こうして紅葉も深い色合いになっていくんでしょうね。


そんな秋の日の上生菓子はこちら。

「照葉(てりは)」

秋色のお菓子です。

練り切り製の葉っぱでこし餡をくるんでいます。
仕上げに寒天で艶出しを。

そういえば浜松のゆるキャラ「出世大名家康くん」が
つい先ほど「都市対抗野球大会キャラクター選手権」で優勝したそうです。

家康くんおめでとう!!


●都市対抗野球大会キャラクター選手権に関してこちらから●

ハロウィンの上生菓子 かぼちゃのお菓子  和菓子 茶菓子

去年ご好評だったハロウィンの上生菓子。
明日から店頭にて販売いたします♪

小さなかぼちゃのおばけは練り切り製。

中にはかぼちゃを使った餡が入っています。


そしてカットした断面がなんと・・・↓↓

(なんとなく)コウモリ型!!


見た目にも楽しく、美味しいお菓子です。
ぜひ召し上がって下さいな。


おひとつ241円、10月31日までの限定販売となります。

**********

ご予約・お問い合わせはこちらから。

篠原店 tel:053-447-8866
湖西店 tel:053-575-0505

各店へのアクセスはこちらから

秋の上生菓子 千代の香  和菓子 茶菓子

秋の上生菓子 「千代の香」

「千代」とは菊のことなのだそうです。

淡い色合いのきんとんは、ほのかな香りが漂ってきそう。


********


もう一点も同じ菓銘「千代の菊」で。

こちらははっとするような鮮やかな色合い。

不思議とこちらのお菓子の方が、香りが強く感じられそうですね^^
(実際はきんとん製なのでほとんど香りがしませんが)

**********

こちらのお菓子はご予約にてお作りしました。
オーダーメイド生菓子のご予約・お問い合わせはこちらから。

TEL053-447-0181
info@tamachi-baigesu.co.jp

参考価格241円~
10個から承ります。

田町梅月ホームページでもご案内しております

秋の上生菓子 名月  和菓子 茶菓子

過ぎちゃってからなんですが
一昨日10月9日は旧暦の9月13日、「十三夜」と呼ばれます。

昔は十五夜とセットで月夜の夜を楽しんでいたそうです。

秋の上生菓子 「名月」

白餡をういろう生地でくるんと巻いてあります。
まん丸お月様はようかんで。


秋の夜長はぼんやり月を眺めながら、美味しいお茶とお菓子でほっこりと。。。

工場潜入☆新栗蒸しようかん

週末のどらやきサービスデーにはたくさんのお客様にご来店頂きました。
どうもありがとうございました!
来月は11月5日・6日に開催いたします。

秋に食べたくなる和菓子といえばやっぱりキラキラ栗蒸しようかんキラキラ


ということで本日は梅月の「新栗蒸しようかん」の製造の様子をご紹介~♪


下準備で栗を蜜漬けにしておきます。
そして蜜漬けの栗をようかん生地にどばっと投入。


ようかん生地はこし餡に小麦粉や葛粉などの粉類を合わせてあります。
蒸しようかん独特のむっちりした食感は、寒天ではなくこういった粉類を使うからですね。


↑ちなみに配合は職人の秘密だそう・・・( ̄ω ̄)v


生地を型に流します。
蒸す前は大分やわらかい状態です。


表面をきれいに均したら、蒸気でじっくりと蒸し上げます。


蒸しあがり。ほかほか~♪


冷めて落ち着いたら、カットしていきます。


栗がたっぷり入った「新栗蒸しようかん」が出来上がりました。


栗に当たるとテンションが上がる栗蒸し羊羹ですが
実はようかん部分にも細かな栗が溶け込んでいます。

なのでようかん部分だけを食べてもちゃんと栗の風味がするんですよ。

秋限定の「新栗蒸し羊羹」、ぜひぜひお召し上がりくださいませ^^


**********

ご予約・お問い合わせはこちらから。

篠原店 tel:053-447-8866
湖西店 tel:053-575-0505

各店へのアクセスはこちらから

原島店、高台店は2011年5月8日をもちまして閉店致しました。
長らくのご愛顧ありがとうございました。

新栗蒸しようかんはネットでもお買い求めいただけます。
バナーをクリック↓↓

秋の上生菓子 雁渡る   和菓子 茶菓子

秋の上生菓子 「雁渡る(かりわたる)」

秋になると北方から日本へ渡ってくる渡り鳥の雁を表現しました。


上用饅頭製、中はこし餡です。



ツヤツヤのこし餡がたっぷり♪

雁ってこんな。
首が長いんですね。


**********

こちらのお菓子はご予約にてお作りしました。
オーダーメイド生菓子のご予約・お問い合わせはこちらから。

TEL053-447-0181
info@tamachi-baigesu.co.jp

参考価格241円~
10個から承ります。

田町梅月ホームページでもご案内しております

ページトップへ

田町梅月について | 素材へのこだわり | 梅月の菓子 | 事業者様へのご提案 | 新着情報