このページの本文へ

静岡県浜松市の御菓子処「梅月」です。茶席菓子・四季の菓子などを取り扱っております。

スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > 2011年06月

2011年06月

夏の上生菓子・梅雨空  和菓子・茶菓子

雨が降っている日にアップしようと思ったのですが・・・
見事に梅雨っぽくない快晴ですね!


上生菓子 「梅雨空」

二色のきんとんで梅雨時の空の様子を表現しています。
上には透明の錦玉羹をちらして雨を。


きらきら光る雫が美しい一品でした^^

今日のおやつは水ようかん

夏のおやつといえば。

冷凍みかん大福!

夏ロール!!
もいいけど。


あっさりさっぱり、ちょっと甘いものが食べたいな~というときにはやっぱり

水ようかんキラキラキラキラ

水ようかんはあんこを寒天で固めた定番の涼菓ですね。


梅月の水ようかんはとってもなめらか。
舌でつぶれるほどのやわらかさです。


この食感の秘密は「葛」。
寒天だけでなく葛粉を加えることでよりやわらかく、口溶けよく仕上げています。


口に入れるとじゅわーっと上品な甘さがひろがります。


以前召し上がっていただいた方から

「水分含有量がすごいですね!!」

というお言葉を頂きました(笑)


冷たいお茶と一緒にいかがでしょうか^^
さっぱりしているので食欲がないときでもつるんと食べられますよ。

1個126円。梅月各店舗にて販売中です。


ようかんの秘密のお話はこちらから。
「ようかんはなぜ羊羹?」

桃の夏ロール 販売のお知らせ

新商品のご案内です♪

「桃の夏ロール」

大好評だった「苺の春ロール」に続く季節ロール・第二弾です。


浜松産のお米「やら米か」の米粉で作った米粉100%のロールケーキです。
(米粉への熱い思いはこちらをご覧下さい 笑)


今回はスフレタイプの生地になっており、
しっとりふわふわというか「しゅわしゅわ」っとするようなやわらかな食感です。


中には桃風味のさわやかな生クリームを巻いて
夏らしいスッキリとしたロールケーキに仕上げました。

夏のおやつに、差し入れにぜひご利用ください。


夏ロールはカットサイズでの販売となります(1個210円)。
6月24日(土)より梅月各店舗にて販売致します。

※冷凍状態でのお渡しとなりますので、20分ほど解凍してからお召し上がり下さい。


暑い日にはこちらもオススメ♪
しゃりっと冷たい冷凍みかん大福

婚礼の上生菓子 和菓子 茶菓子 結婚式

婚礼の上生菓子のご注文を頂きました。
注文数が多いとなかなか壮観です。


「バラ」


「鶴亀」

亀はどこ?と思われた方。鶴の下に亀甲模様が!


「若竹」


写真に入りきりませんでしたがかわいい子たちもおりました。

「うさぎ」

「清流」

やっぱりうさぎのおまんじゅうがかわいらしー♪

6月16日は和菓子の日

本日6月16日は「和菓子の日」でございます(*゚▽゚)/゚・:*【和菓子万歳】*:・゚\(゚▽゚*)


↑上用饅頭


ことの起こりは平安時代。
国内に疫病が蔓延したことから元号を「嘉祥(かじょう)」とあらため
6月16日に16の数に因んだ菓子・餅を神様に供えて
疫病除けと健康承服を祈ったことが始まりとされています。


その後室町時代になる頃には厄除け・招福を願ってお菓子を食べる
「嘉祥の儀式」が年中行事となり、
江戸時代には重要な儀式の一つとなったとされます。


↑水ようかん


そして昭和54年に全国和菓子協会が、和菓子文化を大切にする行事の一つとして
6月16日を「和菓子の日」に制定しました。



↑水無月。6月30日「夏越の祓え」のお菓子ですが、これもやはり厄払いのお菓子です。

今日は古来の風習に思いをはせつつ、家族や親しい人の健康と幸福を願って
ほっこり和菓子でもいかがでしょうか。



↑浜松銘菓 布橋の雪


ちなみに6月16日は「無重力の日」「麦とろの日」でもあるそうですよヽ(=´▽`=)ノ

不祝儀に・お平パン

梅月ではお平パンの注文も承っています。

お平パンの焼成前。
上にちょろっと刻み昆布をのせています。

焼成後。一回り大きくなって山型に膨らみました。
甘い、いい匂いが漂います~


ということで今日のおやつはお平パン♪

おたいらパンじゃありませんよ。
おひらパンです

お平パンを当たり前のように知っている方へ
→お平パンは実はこの辺り独特の風習なんだそうです。ケンミンSHOWなみにローカルです。


お平パンを知らない方へ
→お平パンはお葬式や法事のときに引き出物として配られるお菓子です。そのため葬式パンと呼ぶ人もいます。


パンと言いつつ、パンではないお平パン。
割るとこんな感じ。

クッキーのようにサクッとはしていませんが、水分量が少なく中は乾燥しています。
固パンと呼ばれることもあります(←でもやっぱりパン)。


材料もシンプルで、素朴な甘さのおやつ菓子です。
食べるときはぜひおともに牛乳を^^


※お平パンは通常店頭での販売はしておりません。事前のご予約をお願い致します。

祝儀・不祝儀のお菓子の情報はこちらから
田町梅月ホームページ

初夏の上生菓子 夏木立

土曜日のどら焼きサービスデーはおかげさまで多くのお客様にご来店頂きました!
どうもありがとうございました。
次回開催は7月9日(土)となります。
どうぞよろしくお願いします。


初夏の上生菓子
「夏木立」です。

緑に染めた餡を葛で包んだ、涼しげなお菓子です。

夏木立とは夏に生い茂る木々たちのこと。

夏の深緑や、生い茂った木々の間からの木漏れ日など
さまざまな情景を思い浮かべてお楽しみいただければと思います。

ぷるんと口当たりの良い葛のお菓子は、涼しげで夏にぴったりですね。


(こちらは葛焼き。ふるふるです)

この葛は植物の「クズ」の根を粉にした素材なのですが
万葉集に詠まれるくらい、古くからある素材なんだそうです。

お菓子としては夏の素材ですが、植物としては秋の七草に含まれるそうですよ。

初夏の上生菓子  和菓子 茶菓子

初夏の上生菓子をいろいろと。
とある高校さんの文化祭にてご利用頂きました(茶道部さんのブースです)。

「あじさい」

葛を使ったあじさい。回りには氷餅をまぶしてあります。


「ほたる」

きんとん製。上には大納言小豆をのせて。


「清流」

ういろう製。色合いがさわやか~


「なでしこ」

練り切り製。中はこし餡です。


普段はなかなか茶道や和菓子に触れる機会がない方も、
こういうイベントで美味しい、楽しいと感じてくれたらうれしいですね。

******************


明日はどらやきサービスデーです!
皆様のお越しをお待ちしております。

詳しくはこちらのブログにて。

≪予告≫6月11日はどら焼きサービスデー

いつも田町梅月をご利用下さいまして、ありがとうございます。
そんなお客様に感謝をこめて、どら焼きサービスデーを開催いたします!

6月11日(土)のみ1日限り、只今店頭にて販売中のどら焼き4種を
通常価格157円のところ特別感謝価格110円にて販売させていただきます!


【濱松銅鑼焼 松奈美(まつなみ)つぶ餡】

皮はしっとり、もっちりと。
つぶ餡たっぷりの正統派どら焼きです。


【濱松銅鑼焼 松奈美(まつなみ)緑茶餡】

白餡に茶葉を混ぜ込んだ緑茶餡を使用。
お茶が香る上品などら焼きです。


【どら大福】

やわらかなつぶ餡大福をどら焼きの皮ではさんだ、モチモチ食感のどら焼きです。
ただ大福をはさんだどら焼きと思うことなかれ。
食感や皮とのバランス、口溶けなど実は見かけ以上に考えられた商品です(笑)


【洋風どら焼き 生どら】

つぶ餡と生クリームを合えることで、より一体感のあるお味に。
お茶にもコーヒーにも合う洋風どら焼きです。


大変お得な一日となります。
皆様のお越しをお待ちしております!

事前のご予約も承っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

**********

ご予約・お問い合わせはこちらから。

篠原店 tel:053-447-8866
湖西店 tel:053-575-0505

各店へのアクセスはこちらから

原島店、高台店は2011年5月8日をもちまして閉店致しました。
長らくのご愛顧ありがとうございました。


≪ご注意≫
・田町梅月篠原本店および湖西店のみの実施となります(店頭お引渡しのみ、配達不可)。
・割引対象となるのは商品の受け渡しが6月11日のものに限ります。
・その他サービスとの併用はできません(お楽しみポイントカードの使用はOKです)

婚礼の上生菓子  和菓子 茶菓子 結婚式

婚礼のお席で使用される上生菓子のご注文を頂きました。
おめでとうございます♪


まずは季節感あふれる

「ほたる」


「あじさい」


「バラ」
このタイプ初めて見た!!

お祝いの定番

「松竹梅」


「はさみ菊」

そして結婚式といえば

「花嫁」


「夫婦鶴」


どうぞお幸せに^^


**********

こちらのお菓子はご予約にてお作りしました。
オーダーメイド生菓子のご予約・お問い合わせはこちらから。

TEL053-447-0181
info@tamachi-baigesu.co.jp

参考価格241円~
10個から承ります。

田町梅月ホームページでもご案内しております

初夏の上生菓子 あじさい  和菓子 茶菓子

初夏の上生菓子「あじさい」

きんとん製、中はこし餡です。
葉っぱはようかんでできています。

こちらもあじさいモチーフのお菓子。
ただいま店頭にて販売中の「あじさい餅」です。

つぶ餡をういろう生地で包みました。
雨に濡れるあじさいのように鮮やかなお菓子です。
おひとつ126円にて販売中です。

今にも雨が降りそうな空模様ですが
あじさいはしっとりと雨に濡れる姿の方が、より美しく感じられるんですよねぇ。


**********

ご予約・お問い合わせはこちらから。

篠原店 tel:053-447-8866
湖西店 tel:053-575-0505

各店へのアクセスはこちらから

原島店、高台店は2011年5月8日をもちまして閉店致しました。
長らくのご愛顧ありがとうございました。

水まんじゅう販売中です。

暑くなって来ましたね~。
そんな日のおやつは涼しげなお菓子を!


水まんじゅう(こし餡・つぶ餡)

つるん、ぷるんとした葛生地で餡を包んだ水まんじゅう。
さらっとしたこし餡と、お茶香る緑茶餡の水まんじゅうがセットになっています(こし餡2個・緑茶餡1個)。

見た目にもさわやかで涼しげですよ~。
さらに透明な器とかに入れると涼しさ倍増☆

そしてもうひとつ。
なんとコーヒー風味の水まんじゅうです。

コーヒー風味の葛生地で白餡を包みました。

見た目はびっくりなこのコーヒー水まんじゅう。
少しほろ苦いコーヒー生地と白餡の組み合わせがほどよく、和風コーヒーゼリーのようで美味しいですよ。

どのくらい美味しいかというと、フルーツや梅を使った水まんじゅうも候補にあった中
スタッフみんなで

「コーヒーうまい!!」

と即決するくらい美味しいです(笑)


ぜひ一度お試し下さいませ^^


1パック(3個入り)220円
田町梅月各店舗にて販売中です。


**********

ご予約・お問い合わせはこちらから。

篠原店 tel:053-447-8866
湖西店 tel:053-575-0505

各店へのアクセスはこちらから

原島店、高台店は2011年5月8日をもちまして閉店致しました。
長らくのご愛顧ありがとうございました。

上生菓子 葉っぱの仕上げ  和菓子 茶菓子

昨日ご紹介しました「青葉」

この葉っぱはどうやってできるか写真でどうぞ。


まずは練り切りを取り出して型にあて、葉っぱの葉脈模様をつけます。


葉っぱなのにピンクなのは気にしなーい♪


いい感じの大きさに伸ばします。

型から外すとこのように。
この時点ではなんとなく丸く野暮ったい印象。

とか思っているうちに

形を整え
先端をつまみ
くるっと丸めて
フチを気持ち引き上げて

あっという間に葉っぱになりました。


こうしてこんな上生菓子が出来上がります。


初夏の上生菓子・青葉  和菓子 茶菓子

初夏の上生菓子「青葉」

練り切り製の葉でこし餡をくるんであります。

濃淡をつけた二色の緑の練り切りを使い、緑が深まっていく様子を表現しています(写真だとわかりにくいですね↓↓)。


ちなみにも少し前、「若葉」の頃だと白と緑の練り切りを使ってより淡く、やさしい色合いになっていたりします。
練り切りではありませんが「若葉」だとこんな感じ。

和菓子はこんなちょっとした色使いで季節を表現したりします。

さて。
実はこの上生菓子、先日の和菓子講座で作ったものと同じなんですが

職人が作ると全て同じ形に仕上がります。

・・・いや職人だから当たり前なんですけどね。でも同じ人の手なのになぜ・・・

**********

こちらのお菓子はご予約にてお作りしました。
オーダーメイド生菓子のご予約・お問い合わせはこちらから。

TEL053-447-0181
info@tamachi-baigesu.co.jp

参考価格230円~
10個から承ります。

田町梅月ホームページでもご案内しております

水無月の販売が始まりました

今日から6月ということで。

あいにくの雨と寒さですが、本日より6月限定のお菓子
「水無月」の販売が始まりました。

モチモチのういろうの上に小豆をたっぷり散らし、三角に切り分けた水無月は
もともと京都の伝統的な和菓子です。

この水無月は本来6月30日にいただきます。


一年のちょうど半分にあたる6月30日。
半年分の穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈って、古くから「夏越(なごし)の祓え」という神事が行われます。
この神事にそえられるのが水無月です。


時期的に暑くなるこの頃、昔は今よりももっと体力的に弱ってしまい命を落とす人も多かったんですね。
そしてそういったことは悪い物(鬼など)の仕業だと考え、こういう儀式が行われました。

上にのる小豆には厄除けの意味がこめられています。
小豆の赤を嫌う鬼を、身体の中から追い出すためといわれます。


また水無月の三角の形は氷を模しているといわれます。
これは昔、氷はとても貴重でなかなか庶民の手に入るものではなかったため
せめて形だけでも涼しく、とこの三角形になったとか。



このように古くから伝わる水無月。

お味はといいますともちっとしたういろうと、小豆の食感が心地いいお菓子です。
この時期、ぜひお召し上がり下さい。


梅月各店舗にて販売中です。

**********

ご予約・お問い合わせはこちらから。

篠原店 tel:053-447-8866
湖西店 tel:053-575-0505

各店へのアクセスはこちらから

原島店、高台店は2011年5月8日をもちまして閉店致しました。
長らくのご愛顧ありがとうございました。

和菓子講座がありました

昨日、JAさんからのご依頼で和菓子講座をやらせていただきました(店主が)。
そのときの様子をアップします。


まずは和菓子のうんちくをいろいろ聞いていただき

そのあとはお楽しみ、上生菓子作り体験♪

粘土遊びのようにこねて丸めて伸ばして・・・


ちなみに今回のお題は「若葉」

写真ではわかりにくいのですが、緑とさらに淡い緑二色の練り切りを使っています。
グラデーションをつけることで色付いていく若葉の様子を表現。

葉っぱの葉脈は竹串で。

簡単そうに見えて、実はなかなか難しい上生菓子作り。
参加者の方の数と同じだけ、違う形の「若葉」が生まれました。

最後には美味しい新茶とともに、お手製の上生菓子をいただきました^^


*************

和菓子講座にご興味がある方は直接ご連絡下さい。

TEL:053-447-0181(田町梅月代表番号)
メール:info@tamachi-baigetsu.co.jp

はまぞうオーナーメールからでもOKです。

ホームページでも紹介しております。

初夏の上生菓子・若鮎  和菓子 茶菓子

めだかの~きょうだいは~かわのなか~


うそです。

上用饅頭「若鮎」です。

少し小ぶりの上用まんじゅうに鮎の焼印を押して。
中はこし餡の上品なおまんじゅうです。


これだけ揃っているとまた違ったかわいらしさが^^


**********

こちらのお菓子はご予約にてお作りしました。
オーダーメイド生菓子のご予約・お問い合わせはこちらから。

TEL053-447-0181
info@tamachi-baigesu.co.jp

参考価格230円~
10個から承ります。

田町梅月ホームページでもご案内しております

初夏の上生菓子・若楓  和菓子 茶菓子

初夏の上生菓子 「若楓 わかかえで」です。

練り切り製、中はこし餡です。
白ぼかしを入れ色に濃淡をつけ、やわらかく瑞々しい若葉の様子を表現しました。


今の時期にぴったりな、新緑をイメージした爽やかな色合いのお菓子です。

だったのですが・・・

なんとすでに梅雨入りしたそうで。

すっきりさわやかな五月晴れ!という日が今年は少なかったように感じますねぇ。


**********

こちらのお菓子はご予約にてお作りしました。
オーダーメイド生菓子のご予約・お問い合わせはこちらから。

TEL053-447-0181
info@tamachi-baigesu.co.jp

参考価格230円~
10個から承ります。


田町梅月ホームページでもご案内しております

ページトップへ

田町梅月について | 素材へのこだわり | 梅月の菓子 | 事業者様へのご提案 | 新着情報