このページの本文へ

静岡県浜松市の御菓子処「梅月」です。茶席菓子・四季の菓子などを取り扱っております。

スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > 2011年04月

2011年04月

ホビークッキングフェア2011に出店します

4月27日より、東京ビッグサイトにて開催される≪ホビークッキングフェア2011≫に出店します。


食に関わる様々な企業が出店する来場者参加型イベントです。
珍しい食材や、新商品が盛りだくさん。
またプロによるクッキングデモやトークショーなどが行われます

【日時】
4月27日(水)~4月29日(金・祝)
10:00~17:00まで

【会場】
東京国際展示場(東京ビッグサイト)
東展示棟 東3ホール内

〒135-0063
東京都江東区有明3-11-1
TEL:03-5530-1111(代)


【入場料】
1000円
高校生以下無料・3日間有効


詳しくはこちらから。
ホビークッキングホームページ


同時に2011日本ホビーショーも開催されます。
(↑こちらはものづくり系イベント。手芸やクラフト用品など。こっちも楽しそう~♪)

ちょっち余震が心配ですが。。。
気張って行ってきまーすヽ(*^^*)ノ

本日のおやつは白玉ぜんざい♪

おやつに白玉ぜんざいをGET!!ヤタ━━━━━━ヽ(゚`∀´゚)ノウヒョ ━━━━━━!!!

今日も美味しくいただきます。


梅月のぜんざいはこのように二層式になっています。
白玉のやわらかさがキープできるよう、この形のカップを使っています。
(ぜんざいに浸かったままだと白玉が固くなってしまうので)


ここで美味しく食べるポイント注目
白玉のみ、電子レンジで10秒ほど温めます。


レンジでチンすると、白玉がさらにやわらかくなって美味しさUPです上昇上昇
(10秒くらいなら熱くはならないです。やわらかくなる程度)


そして白玉をぜんざいへ投入。


(おしゃれな器に移しなおせばよかったと少し後悔・・・)


いただきますハート

白玉はやわらかく、モチモチ。

ぜんざいはさらっとしたタイプ。
小豆のシャキシャキした食感が楽しめますよ~。


ごちそうさまでした^^


おひとつ330円。
田町梅月各店舗で販売中です。

白玉ぜんざいはこんな風に作っています~

工場潜入☆白玉ぜんざい①
工場潜入☆白玉ぜんざい②

わらび餅&白玉ぜんざいの販売が始まりました

ぽかぽか暖かくなってきて、店頭には冷たいお菓子が続々登場してきました♪


黄奈粉がたっぷり。
あまーい香りが広がる、ぷるぷるのわらび餅。

おひとつ290円。

もちもちの白玉団子と、さらっとしたぜんざいの組み合わせ。
白玉ぜんざい。

おひとつ330円


田町梅月各店舗にて販売中です。
おやつにどうぞ召し上がって下さい♪

春の上生菓子 スライドショー

これまで紹介した春の上生菓子をまとめてみました。
(「春の川」はまだでした)
よかったらご覧下さい。



もしくはこちらから。
YouTubeへ移動します。


写真がアレなのはご勘弁くださいね^^;
また写真を撮ったら随時更新していきます。

春の上生菓子 春の川

春の上生菓子「春の川」です。


白色と水色の練り切りを重ね、春の小川を表現しました。
こし餡をくるんと巻いて。


この時期ピンク色のお菓子が多いので、こういう青系があると「おっ」と目を引きます。

寒色ですが淡い色合いなので、やさしい印象になっています^^


**********

こちらのお菓子はご予約にてお作りしました。
オーダーメイド生菓子のご予約・お問い合わせはこちらから。

TEL053-447-0181
info@tamachi-baigesu.co.jp

参考価格230円~
10個から承ります。

春の上生菓子 ~春霞~

春の上生菓子・「春霞(はるがすみ)」

薄紅色のういろうの中に白餡が入っています。

表面には氷餅をまぶして。


桜に包まれた春の山並みに霞が立ちこめる・・・

そんなうららかな情景を淡い色合いで表現しております。

「花霞」 「花衣」 「ひとひら」 etc・・・

日本語って美しい~^^


**********

こちらのお菓子はご予約にてお作りしました。
オーダーメイド生菓子のご予約・お問い合わせはこちらから。

TEL053-447-0181
info@tamachi-baigesu.co.jp

参考価格230円~
10個から承ります。

日本一高い米粉で作るバウムクーヘン・米寿

これ

「バムクーヘン」ですか?
それとも「バムクーヘン」ですか??

本場ドイツの発音に近いのはどちらかというと「バウムクーヘン」なんだそうです。
でも日本だと言いやすさから「バームクーヘン」の方がしっくりくるんでしょうか。


このバウムクーヘン、年輪を象ったその形から結婚式やお祝い事の定番のお菓子ですね。

でも本場ドイツでは実はそれほどメジャーなお菓子ではないそうで。
(知っているけど普段のおやつにバクバク食べるものでもないらしい)


今では日本のバウムクーヘンの方が、しっとりタイプやふわふわタイプなどバリエーション豊かなのではないでしょうか。


**********


梅月のバウムクーヘンはしっとり系。
小麦粉を使わず米粉から作っています。

この米粉の元になるのは浜松産のお米「やら米か(やらまいか)」。

低農薬・低化学肥料で作られた美味しい美味しいお米を、地元のお米農家さんから直接仕入れ、それを米粉にしています。

この米粉、通常の小麦粉と比べてかなり粒子が細かいんです。
指で触ると指紋の中に入ってしまうくらい。

それゆえ、米粉でありながらとても口溶けのよいお菓子に仕上がります。



もともとご飯として食べて美味しいお米を原料としているので、やら米かをご存知の方からは

「日本一高い米粉で作ったバウムクーヘン」

といわれました(笑)

プチ贅沢なおやつとしていかがでしょうか^^
ホールのバウムクーヘンをお好きなサイズにカットしてお召し上がり下さい。


1本1700円
田町梅月各店舗またはネットショップにて販売中です。


バウムクーヘン米寿の情報はこちらから

端午の節句の引菓子 内祝い、お返しに。

引き続き端午の節句のお菓子のご紹介です。


こちらはお重に入った和引菓子です。
※そのほかのお菓子はこちらの記事で紹介しています。


引菓子「ちご」 2000円

遠州地方に伝わる大柏餅のほか、雪平製の兜(中は白餡)、練り切り製の菖蒲を
お重箱にお詰めしました。


菖蒲(しょうぶ)の花が柏餅と同じように、端午の節句とセットになっているのにも理由があるんですよ。
その昔やはり柏餅と同じく武家社会のころより

・菖蒲が尚武(武芸を重んじること)に通じる。
・菖蒲の葉の形が刀に似ている。

ということから定着していったということです。

引菓子「しょうき」 2300円

鯉のぼりをあしらった羊羹はどっしりと濃厚なお味。
「ちご」と同様、兜と菖蒲をお詰めしました。


※それぞれお赤飯をかさねてより豪華な引き出物にすることが出来ます。


ご希望の5日前までにご予約下さいませ。


ご予約・お問い合わせはこちらから。

篠原店 tel:053-447-8866
原島店 tel:053-464-0141
高台店 tel:053-437-8866
湖西店 tel:053-575-0505

各店へのアクセスはこちらから

端午の節句のお菓子~大柏餅~

端午の節句のお菓子のご案内です。
内祝いやお返しなどにご利用下さい。


端午の節句といえば柏餅。
当店でも様々な柏餅の詰め合わせをご用意しました。


【柏餅詰め合わせ】
15個入り 2150円


【柏餅・ちまき詰め合わせ】
柏餅10個・ちまき5本 2660円


【大柏餅・ちまき詰め合わせ】
大柏餅(小)3個・ちまき6本 3525円


【大柏餅詰め合わせ】
大柏餅(大)3個 3150円

さて「大柏餅」とは??

その名の通り、でっかい柏餅です。
どのくらいでっかいかというと…

↓↓↓


(比較のためボールペンを置いてみました)

中に入るあんこが焼き芋のよう。。。

食べるときは切り分けて皆さんでどうぞ^^

この大柏餅は遠州地方独自の風習だそうです。

浜松祭りの凧揚げ合戦のなかで、初子を祝って揚げる初凧。
その祝ってもらったお返しとして使われたのがこの大柏餅なんだとか。
(近年は食べやすいこともあって普通の大きさの柏餅を使う方が多くなりました)


柏の葉は新芽が出ないと古い葉が落ちないので、
「家系が途絶えない」という縁起に結びついています。
(詳しくはこちらの記事にて)

子孫繁栄の願いがこめられた柏餅。
初節句のお祝いにご利用下さい。


ご予約・お問い合わせはこちらから。

篠原店 tel:053-447-8866
原島店 tel:053-464-0141
高台店 tel:053-437-8866
湖西店 tel:053-575-0505

各店へのアクセスはこちらから

春の上生菓子 ひとひら・吉野桜

春の上生菓子です。


きんとん製 「ひとひら」

淡い色合いのきんとんを重ねてうっすらグラデーションに。
ひとひらの桜の花びらをのせて。

練り切り製 「吉野桜」


これは先日アップしたものと同じなのですが、少し色が濃い目に。

より春らしくなったかな^^

こちらのお菓子はご予約にてお作りしました。
オーダーメイド生菓子のご予約・お問い合わせはこちらから。

TEL053-447-0181
info@tamachi-baigesu.co.jp

参考価格230円~
10個から承ります。

子孫繁栄の柏餅

こいのぼりが青空に舞うのを見かけると「柏餅の季節だなぁ」と思うのは私だけでしょうか。
そんな柏餅のうんちくです。


男子の健やかな成長を願う端午の節句。

端午の節句自体は中国から伝えられましたが、柏餅は日本独自のお菓子なのです。

柏餅といえば、大きな柏の葉。

柏の木というのは、新芽が出ないと古い葉が落ちないことから

「跡継ぎが途絶えない」→「子孫繁栄」

に結びつき、縁起のいい食べ物として端午の節句に食べられるようになりました。

これは江戸時代の武家社会からの風習と言われています。
そこから参勤交代によって全国へ広がっていったそうです。


**********


ちなみにもともと端午の節句とともに日本に伝えられたのは「粽(ちまき)」なのだそうで。
こちらも魔よけ厄除けの願いが込められています。


(ちまきはGW期間の販売となります)


その後、1000年近く経って武家社会では縁起をかついで柏餅が用いられるようになりました。
しかし伝統を重んじる上方(お公家さん)では粽が伝承されたそうで。

現在でも東は柏餅、西は粽がより親しまれているということです。


柏餅ひとつでも歴史の勉強になりますねぇ。。。σ(°Д°*)

4月の上生菓子

ただいま店頭にて販売中の上生菓子のご案内です。

「春の野」

鮮やかな春の色合いが目を引きます。
鹿の子を二色ようかんで包み、練り切りの蝶々を飾りました。
とてもかわいらしいお菓子です。

「桜狩り」

この時期、いろいろな桜モチーフのお菓子作られますがこちらは菓銘の通り、桜の花をつんでような可憐な仕上がり。
練り切り製、中はこし餡です。

「すずらん」

瑞々しいすずらんの葉はもちもちしたういろう製。
その上に白い小さなすずらんの花を飾りました。
中心は白餡なのですが、その中にはさらに鹿の子豆が隠れています。

おひとつ230円、梅月各店舗にて販売中です。

ページトップへ

田町梅月について | 素材へのこだわり | 梅月の菓子 | 事業者様へのご提案 | 新着情報