このページの本文へ

静岡県浜松市の御菓子処「梅月」です。茶席菓子・四季の菓子などを取り扱っております。

スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > 工場潜入☆布橋の雪 仕上げ編

工場潜入☆布橋の雪 仕上げ編

布橋の雪の作り方
ついに仕上げ編です。

その①浮島編
その②淡雪編
その③錦玉羹編

固まったら型を外してカットしていきます。
積みあがる布橋の雪(カット前)。

四隅をカットすると真っ直ぐ伸びた「布橋」があらわれます。

このあと真空パックして、包装したら完成です。


錦玉羹・淡雪羹・浮島と異なる素材を重ねていますが、それぞれがなじむことで一体感のあるお菓子になっています。
口の中に小豆の風味が広がりますよ。

もともとお茶菓子として作られたものなので甘めですが、油分を使っていないので意外とさっぱりした口当たりなんですよ。

食べるときはぜひ美味しいお茶とご一緒に。
美味しさ倍増です上昇上昇

1本550円。
梅月各店舗にて販売中です。

ホームページはこちらから。

コメント

"工場潜入☆布橋の雪 仕上げ編"へのコメントはまだありません。

コメントを投稿

ページトップへ

田町梅月について | 素材へのこだわり | 梅月の菓子 | 事業者様へのご提案 | 新着情報