このページの本文へ

静岡県浜松市の御菓子処「梅月」です。茶席菓子・四季の菓子などを取り扱っております。

スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > 工場潜入☆布橋の雪 その③錦玉羹

工場潜入☆布橋の雪 その③錦玉羹

ちょっと間があいてしまいましたが・・・
布橋の雪の作り方 その③錦玉羹編です。

その①浮島編
その②淡雪編

錦玉羹(きんぎょくかん)とは寒天を溶かして、砂糖を加えて固めた物のことをいいます。
別の素材と組み合わせると〇〇羹に。
(↑淡雪羹とか牛乳羹とか)

布橋の雪には小豆をたっぷり入れた錦玉羹を使います。

まずは大きな鍋で寒天とつぶ餡を合わせて、加熱していきます。

さらに蜜煮にした小豆を投入します。
蜜煮のお豆は小豆の食感が楽しめるようつぶさずに、形を残してふっくら炊いてあります。

とうっ (ノ゚⊿゚)ノ.。o

ここからまたしばらく混ぜ合わせて、錦玉羹の出来上がり。

少し冷ましてから、型に流します。

つやつや輝く錦玉羹~♪
うっすら職人の姿が映ってます(笑)

余談ですがこの職人、実年齢より大分若く見えます。
若さの秘訣は一体・・・r(-◎ω◎-) 。。oO

最終回仕上げ編に続く。。。

コメント

"工場潜入☆布橋の雪 その③錦玉羹"へのコメントはまだありません。

コメントを投稿

ページトップへ

田町梅月について | 素材へのこだわり | 梅月の菓子 | 事業者様へのご提案 | 新着情報